本文へスキップ

外壁塗装・屋根塗装・住宅塗装は住宅塗装の専門店、古谷塗装店へ 全国、地方承ります
      住宅塗装専門店 国土交通大臣許可(般-28)第26436号

電話でのお問い合わせは  〒001-0915 北海道札幌市北区新琴似町776-3
フリーダイヤル 0120-767-414                        

 塗装の基礎知識

塗り替えの基礎知識

住まいは年月がたつにつれて必ず老朽化はしていきます。だからこそ手入れというものが非常に重要となってくるのです。当然住まいの塗料にも様々な問題が出てきます。

住まいの塗料には建物の見栄えをよくする「美観」という役割以外にもうひとつ建物の「保護」という重要な役割があります。それは外壁や屋根といった外装材の紫外線や風化などからくる劣化を遅らせるカビ・藻・汚れなどを防ぐ防藻・防汚効果、塗膜表面が防水し雨水などの浸入を防いだりするなどの重要な役割です。建物の構造体には自らを保護する機能は十分に備わっておりません。木材・ボード・モルタル等は、そのままでは雨水や汚染物質を避けることが出来ないのです。塗料の役割は美観を保つだけでは無く構造体を雨水や汚染物質・紫外線などから守る役割も果たしています。

快適な住まいづくりを実現するには、しっかりとした手入れが必要となります。その効果的な手入れのひとつとして外壁の塗りかえがあります。外壁を塗りかえる事により建物の現状に合わせた「塗膜」を再生し構造体を保護します。それに伴い美観もグッと向上しますので結果的に住まいの修繕費の節減にも繋がるのです。

それでは住まいそれぞれの部分の一般的な塗替え時期の概要を下記に記しますので塗りかえのご参考にご覧下さい

塗り替え時期の目安

【外壁】

材料の種類によって異なりますが、10年ぐらいが目安です。 長年にわたり風雨や日光にさらされていると屋根が部分的にはがれてきたり反ってきます。そうなったらすぐ塗替えが必要です。外壁のツヤがなくなり触れると白い粉(チョーキング)がついたり、ひびが入っていたり、塗装のはがれ、カビや藻が発生していたら塗替えの時期です。

【屋根】

材料の種類によって異なりますが、10年ぐらいで塗り替えが必要です。屋根は夏場の強い日差し風雨、並びに冬場の雪と常にダメージを受けています。それを日々繰り返し受けているのでその素材によって「塗膜のはがれ」「さび(トタン屋根)や色褪せ(スレート屋根)」などが起こります。それを放置しておくと屋根本体まで劣化が進行し雨漏り・腐敗・反り返りなど莫大な修理費用が発生する事態となります。 そこで、このような症状を見つけられましたら早急に塗りかえをお奨めします。

【内装】

住宅の内部塗装では塗膜が老化により温度差に耐えられなくなり塗膜の浮きが生じ水分を含みカビが発生しやすくなります。色褪せやカビなどがあれば塗りかえをしましょう。

【その他】

ベランダの手摺や鉄骨階段などの鉄部は大体4~6年くらいで塗替えた方がよろしいと思います。色褪せやサビが発生していれば直ちに塗りかえをご検討下さい。






ホーム塗装の基礎知識シミュレーション工事実績お見積り会社概要
Copyright©2014 Furuya Paint Co.Ltd All rights reserved.